マンション経営と交換費用の失敗例

マンション経営を行っている方々は、賃料を高めに設定している事があります。賃料が10万円クラスの物件ともなると、それなりに高い方と言えるでしょう。
それくらいの賃料の物件は、エアコン代が意外と盲点になります。なぜなら、それで思った以上に大きな費用がかかる事もあるからです。

例えば、次のような事例があります。マンション経営が行われていた物件があるのですが、ある時にエアコンの交換が必要になりました。もちろん交換する以上は、費用も払うことにはなります。

ところがその物件の場合は、想像以上に交換費用が高くなってしまったのです。かなり賃料が高めな物件だっただけに、交換費用だけで100万以上になってしまった事例があります。それでマンション経営を行っているオーナーとしては、愕然としてしまった事例もあるのです。

そういう事もありますから、物件の維持コストなどは決して軽視できません。自分が検討している物件の場合は、どれ位の維持費用になり得るかは、きちんと試算しておくべきでしょう。私は一人暮らし専用のアパートを経営していますが、最近はペットを飼う方も増えたのでペット可にしています。

ですが、ペットの毛をそのまま排水管へ流したりする方も多いので、排水管が詰まったり水漏れするケースも多く、ブラッシングした後のペットの毛はゴミ箱へ捨てるなど処分の仕方も入居する際にはお伝えしていますが、なかなかスムーズにはいかず排水管が詰まることが度々起きます。

ペットの毛は簡単には流れないので、排水管の詰まる原因になりますし、水漏れが起きた時などは、すぐに大家が修理することになるため、業者の方を手配して修理してもらうにも費用が発生しますし、トラブルも多々起きるので最近は排水管のつまりが原因で修理することが増えています。

ペットの毛が原因になっていることも多く、注意するようにしていますが、ルールを守らない方も多いので何かとトラブルの原因になりますし、入居者の方も心得て住んでもらいたいと考えています。

PR|JALカード|お小遣いNET|家計見直しクラブ|お家の見直ししま専科|アフィリエイト相互リンク|工務店向け集客ノウハウ|SEOアクセスアップ相互リンク集|童話|生命保険の選び方|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|