土地の購入前にご近所さんから情報収集

土地を選ぶ際には、本当にその土地がこの先ずっと住むのに安全かしっかり自分で確かめることが重要です。以前、川沿いの土地に住んでいました。賃貸物件だったので良かったのですが、もしこれが購入の場合だったらと思うとゾッとする体験をしました。大阪で不動産投資を考えている方にはぜひ知ってほしい情報です。

その物件のある土地はハザードマップで調べると、100年に1度のレベルの洪水でその川が氾濫した場合に1m程の浸水があるとなっていました。生活環境や価格的には申し分なかったのですがその点だけが気がかりでした。そこで管理会社の方に相談すると、こんな大きな川がこれまで氾濫したことは聞いたことが無いし、もしこの場所が氾濫するようだったら市街地も全部浸水するような事態になるけれどそんなことも起きていないし大丈夫、とのことでした。

それを聞いてその物件に決めたのですが、住んでびっくり。隣町に住む義母が遊びに来たときに、数年前の大雨で道路を挟んで向かいにある自動車学校の車がプカプカ浮かんでいて話題になったという話を聞かされました。

それを聞いて真っ青になりました。車で40分以上も離れた場所に住む義母が知っているくらいなので、この情報はご近所さんなら必ず知っていたと思います。土地を購入する際には必ず近所の人の話を聞くべきです。