土地選びは元の土地の状況をチェック

土地選びする際には、購入したいと考えている土地は以前、どのような環境下だったか調べておくことは必要です。ちょっと都心から離れると周辺は田んぼや畑という地域も多く、田んぼの場合は埋め立て地にすることが多々あります。

 

田んぼの土地を埋め立てして家を建てる場合、やはり地盤が緩いこともあるため、大雨が降った時や地震など起きた場合、地盤沈下が起きることもあります。そういった点も考慮して、物件探しを行い埋め立てる前の土地の状況などきちんと確認しておきました。

 

やはり台地などは、土壌もしっかりしていますし、土地の名前には色々な意味も込められているため、その辺はきちんと確認しておき、物件探しを行いました。土地の情報は昔から住んでいる方が詳しく知ってるので、色々と話を聞いたり、参考にすることもありました。

 

長く住む場所なので、自分で納得できる環境に住みたいと考えていましたし、大雨や地震などの風災害が起きた場合も考慮しました。